インタビューで見るZEPE
杉浦 一喜
Q. ZEPEを選んだ理由はなんですか?
A.

学生のころから営業会社に入りたいと思っていて、ZEPEを選びました。
営業は商材を売り込むというよりは自分を売る職業だと思っているので、自分という人間がどれだけ世間に通用するのか試したかったんです。
営業は厳しいだとか大変だとか、そういったイメージが一般的だと思いますが、ZEPEは反響営業なので、初心者の自分でも売りやすいんじゃないかと思って入社しました。

Q. あなたから見てZEPEはどんな会社ですか?
A.

かなり個性的な会社ですね(笑) ZEPEの営業の方は個性が強い人が多いんですよ。
就活中に色々な会社を受けましたが、他社と比べて人も雰囲気もいいです。役職がついている上司もいじれる環境なので、窮屈さは無いです。

Q. 社員同士の仲はどうですか?
A.

良過ぎます!先ほども言いましたが、上司をいじれるような環境なんです。
部活やBBQなどのイベントも盛んなので、仕事以外でも交流があります。
ただ、やっぱり営業ではみんな競い合うものなので、いい意味でみんなライバルなのかもしれません。

Q.仕事をしていて楽しかったこと嬉しかったことを聞かせてください。
A.

お客様から「ありがとう」と言ってもらえるときが一番嬉しいですかね。
雨の日だとか風の日だとか、正直仕事に行きたくない日もあります。
そんな時にお客様からお礼を言っていただけるとやっぱり嬉しいですね。それまでの嫌だったことや辛かったことも一瞬で吹き飛びます。

Q.仕事をしていて一番苦労したことを教えてください。
A.

配属されて最初の一ヶ月間は苦労の連続でした。
研修で色々教えていただきましたが、現場で新しく覚えなくちゃいけないことがさらに増えました。独り立ちすることで責任も生まれますし、周りの先輩方がみんな仕事できる人ばかりなので、早く先輩方のようになりたいと必死でしたね。

Q.後輩が入ってきましたが、どんな先輩でありたいですか?
A.

相談されやすい先輩。何でも言える先輩。話しやすい先輩。・・・ですかね(笑) 
自分が新卒で入ったばかりのときの事を思い返すと、いくら先輩たちが優しいからといってもやっぱり気を遣っていました。
気遣いも大事ですが、壁を作らない近い距離感を築けたらなと思っています。

Q.どんな後輩と働きたい?
A.

ディスり、ディスられができる後輩です(笑) あ、何でも言い合える関係ってことですよ?(笑)
思ったことをズバッと言えるような人となら働きやすいかも知れませんね。
あとは自分の否をきちんと認めて反省できる人がいいですね。ある意味「素直な人」が理想かもしれません。