インタビューで見るZEPE
鳥海 彩
Q. ZEPEを選んだ理由は何ですか?
A.

実は、初めて就活生として会社説明会に参加したのがZEPEだったんです。
そこで人事の方がすごく丁寧に接してくださったのが印象的でした。
当時、ZEPEとは別に本命の企業から内定をいただいていたんですが、ZEPEの人事担当から「他の企業ももっと見たほうがいい。たとえ縁がなかったとしても、1度ZEPEに興味を持ってくれた学生さんは最後まで気になってしまうお節介な会社なんです」と言われたことは今でも覚えています。
その言葉がきっかけで、本命だった企業ではなくZEPEへの入社を決めました

Q.ZEPEのいいところはどこだと思いますか?
A.

私は入社当時営業として研修を受けていたのですが、就活中から人事になりたいと思っていました。
そして今、その希望を汲んでいただいた形で人事の仕事をやらせてもらっています。
「やりたいです」ときちんと自己主張をすればチャンスをくれるのがZEPEのいいところだと思います。私以外にも、新規事業の立ち上げを希望して実際に実行してしまった人もいます。
こんなに社員の希望に耳を傾けてくれるなんて、ある意味変わった会社ですね(笑)

Q.3ヶ月間の研修は人事になっても役にたっていますか?
A.

もちろん役に立っています。
あの研修を受けていなければ、自社の営業さんがどんな商材をどのようにしてプレゼンしているのかも分からないですし、そういったことを把握していれば、ZEPEの魅力をたくさんの方に伝えられると思うんです。それに、3ヶ月かけてしっかり教えてもらったことで、営業さんのすごさも身に染みて実感できました。
ZEPEの営業さんたちを心からリスペクトできているのは、あの研修のおかげだと思っています。

Q.入社してから変わったことはありますか?
A.

学生時代は自分には何が足りていないのかきちんと考えたことがありませんでした。意識が低かったんでしょうね(笑) 
入社してからは以前より気にするようになったと思います。自分の落ち度は主観では気付きにくいし、もし直したほうがいいことがあるなら相手が上司でも同期でも指摘してもらいたいな、と。
こういう意識は私だけじゃなく、ZEPEの社員全体が持っているものだと思っています。

Q.あなたから見て、ZEPEにはどんな人が合うと思いますか?
A.

個人的にZEPEっぽいなと思う人は、しゃべるのが好きな人です。
お話のうまさは経験で上達していくと思いますが、そもそもしゃべることが好きな人のほうが楽しく営業できると思うんです。
あとは、これはZEPE内全体で言われている理想の人物像なのですが、「素直な人」ですね。素直な人は人に好かれる要素をたくさん持っていると思うので、そんな方がZEPEっぽい人なんじゃないかな。ぼんやりした答えですみません(笑)

Q.今後の夢はなんですか?
A.

仕事に関する夢は、自分が採用に関わった人がトップ営業マンになることです。
私は新卒3期生で、2017年の4月に入社したばかりなのですが、営業としてデビューしたばかりの同期たちが成績ランキングの上位に食い込んでいるとものすごく嬉しくなります。これが自分が採用した人材だったらもっと嬉しくなると思うんです。
プライベートの夢は、大好きな鎌倉に家を建てて暮らすことです。そのためにはまずいい旦那さんを見付けなくちゃいけませんね(笑)