インタビューで見るZEPE
佐久間
Q. あなたから見てZEPEはどんな会社ですか?
A.

すごくいい会社です。何でも話せる先輩や同僚が多いので、居心地がいいです。
恋愛の話だとか、プライベートの話も出来るのはみんなとの距離が近い証拠だと思います。

Q. ZEPEにはどんな社員が多いと思いますか?
A.

いい意味で馬鹿が多いかと(笑) どんな仕事でもそうだと思いますが、仕事をしているとつらいことも出てくるんですよ。
そんな時、一度リミッターをはずしてがむしゃらに仕事できる人が多いですね。
あとは人から好かれやすい方が多いと思います。

Q.仕事をしていて一番やりがいを感じるのは?
A.

色々ありますが、やっぱりお客様に感謝されたときが一番ですね。
お家に訪問させてもらったあとに、わざわざ電話でお礼を言ってくれた方がいて、すごく嬉しかったことをよく覚えています。
訪問したその場でお礼を言われることは時々ありますが、後になってお礼を言われることはなかなか無いんです。そんな出来事がやりがいに繋がってきますね。

Q.仕事をする上で一番大切にしていることは?
A.

これは僕だけでなく、ZEPEの社員全員に言えることなのかもしれませんが、人を幸せにするために仕事することを心がけています。
「このサービスを利用すればお客様の暮らしがもっとよくなりますよ」と提案することでお客様に幸せを届けられればと思っています。

Q.将来実現させたい夢はなんですか?
A.

学生時代、バスケをしていたので、会社でバスケ事業を実現させたいです。
まぁ、詳しいことはまだ分からないんですけどね(笑) それが許されるのがZEPEの社風といえるのかもしれないですね。

Q.後輩が出来たらどんな子と一緒に働きたいですか?
A.

やっぱり馬鹿な子がいいです(笑) 言い方を変えると“吹っ切れる子”ですかね。
どんなにつらいことがあってもがむしゃらに頑張れる子のほうが活躍できると思います。

TOP